in

少女時代「ジェシカ」設立ブランド、債務不履行に?….香港企業が提訴


少女時代の元メンバー「ジェシカ」が立ち上げたブランド「Blanc & Eclare」が、契約で定められた債務を履行しなかった(債務不履行)として訴訟を起こされています。

24日、香港メディアは「香港企業Joy King Enterprisesが、タイラー・クォンCoridel会長兼CEOを相手取って、680万米ドル(約7.6億円)を返済するよう要求する訴訟を提起した」と報じました。

「Blanc & Eclare(ブランク アンド エクレア)」は、ジェシカが2014年に設立したファッションブランド。ジェシカの彼氏タイラー・クォンがCEOを務めるCoridelが経営を担当しています。

記事によると、「Blanc & Eclare」を経営するブラングループは、Spectra SPCから2016年10月に300万ドルを借り、2017年5月に100万ドルを借りた。Joy King EnterprisesはSpectra SPCと貸付譲渡契約を締結し、ブラングループの債権者となった。これにより、元金と利子を含めて約690万ドルを返済するよう訴えを提起したとのことです。

「Blanc & Eclare」は今年3月にソウルでフラッグシップストアをオープン。今月1日には2021秋冬シーズンの商品を発売し、現在も事業を継続しています。

今回のニュースについて、韓国オンラインコミュニティでは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「80億債務…ブルブル」
▼「上手く行っていると思っていた」
▼「融資を受けて、返済できなかったのか。事業がうまく行っていないようだ」
▼「ニューヨークにも店舗を構えてうまく行っているかと思ったけど」
▼「ジェシカにとって80億はたったの80万ウォンぐらいじゃないか」
▼「それは違うと思う」
▼「まだ付き合ってるんだ」
▼「最近ソウルのレストランと服のストアを一緒にオープンして事業が上手く行っていると思ってたが」
▼「2年前に年間売上200億と記事に載ってたけど、実際の売上はどのくらいかな」
▼「芸能人たちに服を配っていたけど、上手く行ってなかったのかな?」
▼「なんで事業をすると出て行ったのか」
▼「事業は簡単じゃない。インフルエンサーや芸能人たちは影響力があるからファンの商売は簡単に見えるけど、それにも有効期間がある」





guest
14 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る