in

「クォン・ミナ」占い番組での発言を釈明「父は”ならず者”ではない、ソルリの質問出ると思わなかった」


AOAの元メンバー「クォン・ミナ」が、YouTubeチャンネルの占い番組に登場。動画公開後、Instagramを更新し、釈明しています。

3年ぶりの芸能活動となった今回の出演。1日に公開された動画の中で、クォン・ミナは亡き父について「中学生の時、彼氏と付き合ったという理由で父に死ぬ直前まで殴られた」と述べていました。

2日、Instagramを更新したクォン・ミナは、父について次のように釈明しました。

「私の父はやくざ者ではない。周りに暴力団みたいな人たちがいたのは事実で、お金がなくてもいつもお洒落だった。父を恨む姿だけ編集されたみたいで、私も悔しい」

「そうしておいてお前が臨終を守る資格があるのかと….父が生きていた時私がよくしてあげたことはないようです。また、6~7歳から母の手で育ったから父にあまり会えなかった。母にもっと心が傾いたのも事実です」

「『誰よりも父を慕って待っている』という言葉を聞いて、否定できなくて大泣きした。いつも懐かしい存在で父がとても憎いながらも恐ろしくて一方では、胸が痛み慰めてあげたい」

また、動画では生前親交のあった「ソルリ」に言及。クォン・ミナはInstagramを通じて「今もジンリに言及すること自体怖い。予め質問を知っていたら外していただろう。ジンリについての質問が出るとは思わなかった。私もむやみに言及するのは違うと思った。丸ごと出るとは思わなかった」と説明しています。

クォン・ミナは2019年にAOAを脱退。2020年夏に「活動時に、リーダーのジミンからいじめられていた」と主張。クォン・ミナの被害告白に、当初世論は同情的でした。

しかし、過去1年、クォン・ミナには様々な騒動やトラブル(看護婦パワハラ告発, 彼氏略奪疑惑, 言葉を覆すなど)が持ち上がり、クォン・ミナは信頼を失うことに。オンライン・コミュニティ上では現在、「ミナの話を鵜呑みにするのはやめよう」との空気が広がっています。





guest
12 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る