in

ヒョンジュ側「警察 APRILいじめ認定」- DSPに反論

イヒョンジュ


APRIL所属事務所が、いじめ被害を主張したAPRIL元メンバー「イ・ヒョンジュ」の弟を告訴。最近、警察が不送致と決定したのを受けて、「いじめがあったと認めたわけではない」という趣旨の声明を発表。それに対して、イ・ヒョンジュ側が反論しました。

イ・ヒョンジュ側の代理人を務める法務法人ヨベクは24日、報道資料を通じて「イ・ヒョンジュ弟の書き込みに対する”嫌疑なし”の警察決定は、虚偽事実についての判断もしている」とし、不訟置決定書を公開した。

不訟置決定書によると、警察は「APRILいじめ事件の場合、イ・ヒョンジュがグループ内いじめに遭い苦労したということ、APRIL活動当時のタンブラー事件、靴の事件などがあったこと自体は事実」とし、「告訴人もそのような事実があったことは認めており、被告が作成した文章の中で問題となる内容は、告訴人とイ・ヒョンジュが生活を共にしていた主要事実から、大きく外れない内容で虚偽事実と見ることはできない」と判断。

同日、APRIL所属事務所DSPメディアは「不送致決定の理由をありのままに歪曲せずに全部引用すれば『誹謗する目的及び虚偽事実の認識があるとは言えず、不送致と決定された』です」、「メンバーのいじめを認めたわけではなく、被告人が自分で書いた文の内容について虚偽の認識がなかったという理由で不送致決定が下されたのです」との見解を明らかにしていました。


イ・ヒョンジュがAPRIL活動当時に「メンバーからいじめを受けた」という疑惑は、今年2月にヒョンジュの弟と同窓生による書き込みから始まりました。

弟や同窓生の書き込みの趣旨は「イ・ヒョンジュは練習生時代から、メンバーの嫌がらせを受けて、極端な選択まで試み、結局、グループを脱退することになった」というもの。イ・ヒョンジュも4月に自身のInstagramで「いじめがあった」を告白していました。

これに対して、APRIL所属事務所DSPメディアは「事実無根」とし、イ・ヒョンジュ本人, 弟, 同窓生を名誉毀損で告訴。最近、警察は「嫌疑なし」と判断し、不送致を決定しました。





guest
9 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る