in

aespa「軍慰問公演」ラジオで言及 → ファン「行くな」反対の声殺到


aespa(エスパ)が28日放送のSBSパワーFM「ペ・ソンジェのテン」に登場。「軍慰問公演」の話が出ると、ファンたちが「軍隊の話はやめて」と否定的な反応を見せる場面がありました。

番組DJのペ・ソンジェはメンバーの関連検索語を見て「ウィンターの夢が軍人だったというのは本当か」と質問 –

ウィンターは「幼い頃軍人になりたかった。映画『延坪海戦』を見たんだけど、すごくかっこよくて感動した」と話すと、ペ・ソンジェは「じゃあウィンターソルジャー(マーベル映画)だ!」と話し、番組は和気あいあいとした雰囲気で進行されていました。

その時のチャット欄もウィンターに対する賞賛の声が相次いでいました。しかし、「軍隊公演」の話が出ると、チャットの雰囲気は一変しました。

ペ・ソンジェは「最近軍隊の公演たくさん行かれるんですが、まだ行ったことないですか?」と尋ねると、aespaは「まだ一度も行ったことがない」と返答。

これを聞いていたファンからは「軍隊の話はやめて」「aespaが何をしに軍隊に行くんだ」「軍隊に行くな」と軍隊公演に反対する反応を見せました。


「軍隊公演」といえば最近、「STAYC」の発言で話題になったばかり。メンバーのユンとジェイが配信中に「慰問公演」に言及すると、そのファンから参加に反対するコメントが殺到。そのやり取りに対しては、「男超サイト」から批判の声があがっていました。(「STAYC」軍慰問公演に関する発言に、「男超サイト」から批判の声)

「軍隊公演」については、女性の性対象化を理由に、批判的な見方があります。セクシーな衣装を着たガールグループに歓呼する軍人、その光景を連想する人が少なくないようです。一方で、軍に従事する人らの慰労の場であるため、無下に扱うこともできません。ファンにとっては「なるべく触れないでほしい」忌避すべき話題となっているようです。





guest
17 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る