in

「BoA」実兄クォン・スンウク氏「ステージ4」癌を公表「余命2~3ヶ月」


BoA(ボア)」の実兄で監督のクォン・スンウク氏が「ステージ4」の癌であることを公表しました。

クォン・スンウク氏は10日、Instagramに「腹膜に癌ができて、移転によるステージ4の癌です」と明らかにしました。

クォン・スンウク氏は「腹膜炎で苦しんだ昨年12月末頃、体の中のステントが腸から出てくると、腸穿孔ができ、言葉にできない程の痛みを伴った緊急手術を受けました」「しかし、予後が良くないのか、現在の期待余命は2~3ヶ月程度と、病院で話しています」。

現在の状態について、「現在、腸閉塞により食事をしてから2ヶ月が過ぎて体重は36kgまで落ちた。体に水は一滴も吸収されないので、渇きと苦しみは言葉で表現できない。輸液を差したまま動かなければならないので挙動もとても難しい状況です」-

さらに「医学的には既に死んだものと判定する病院と医師ら, そして日々死んでいく身体の機能を見て、私は自信がなくなった状態です。それでも最後までできる治療にチャレンジする中で、毎日涙を流しながらも、約束のない苦痛だけど希望を失わないように努力しています」。

クォン・スンウク氏は「ご飯を一口も食べられなくて、泣いたのは初めてです。精一杯働いても足りない年ごろに、わずか数ヶ月前まで元気だった私にとって、若年の癌は本当に進行速度が恐ろしいほど早いということをもう改めて悟った」、「元気のあるときにときどきお知らせします。SNSにコメントを書くのが、こんなに体力消耗が大きいことを最近知った。それでは皆さん健康管理に気をつけて。このような苦痛を経験しないことを祈っています。これで失礼」と書き込みました。





guest
1 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る