in

Seventeenミンギュ側「いじめ傍観…..”関係者”記憶無→終結」

seventeenミンギュ


Seventeen「ミンギュ」の学生時代の「学校暴力」疑惑について、事務所が新たな立場を発表し「終結した」と明らかにしました。

プレディスは今月12日、別の「学校暴力」疑惑について「当社は同じ塾に通った件を書いた方と何度も話し合い、追加の事実関係を確認しました。今回のことに対する誤解を解いて決着することで確認し合いました」と明らかにしていました。(Seventeenミンギュ側「いじめ暴露者と誤解を解いた…脱退望まず」)

(プレディス・エンターテインメント)

「ミンギュの学生時代に関して、追加で確認された内容を案内します」

「中学時代の同級生が殴られている時に、ミンギュがこれを楽しそうに見守っていたという事を書き込んだ方と連絡がつきました。投稿者は身元の露出を心配し目撃者のように書き込みましたが、当事案の当事者でした」

「当社は投稿者の立場をうかがい、言及された方々および当社に情報提供された卒業生たちの証言を参考に事実関係を確認しました」

「まずミンギュは投稿者が主張した事案が記憶になく、特に誰かが殴られている時に、それを楽しそうに見守り、けしかけて悪口を言ったことがないと明確に答えました」

「投稿者が加害者を明示し、当社は加害者の証言と現場を目撃したと推定される卒業生たちの証言もあわせて確認しました。結論として、投稿者が主張した事案を覚えているとおっしゃった方は誰もいませんでした」

「そこで、投稿者が直接、当時の現場に一緒にいたと記憶している方に連絡し確認しましたが、その友達も『記憶にない』と答えたそうです。これに対して、投稿者は今回の件に関わるとされる全ての人の記憶にないため、本事案は終結し、これ以上取り上げないと当社に知らせてきました」

「当社は誰かの記憶だけに依存して、特定の事件が発生したという主張がオンラインで公開され、記憶がはっきりしないために、終結するという流れに当惑しています。今度ばかりでなく以前に確認した事案すべてにおいて、ミンギュと関係のないことが確認されたのは幸い。しかし、このような主張によって多くの関係者が傷を負って、これに対応するために多くの時間と労力を費やさなければならない点について、どこまで耐えなければならないのか悩んでいるのは事実です」

「それでも当社は投稿者との話し合いの過程で、投稿者がミンギュとは関係なく学生時代の交友関係で様々な傷を負った方と見受けられるので、今回のことについては、別途の措置を取ることなく、事実関係を明確に確認し終了することで決定しました」

「当社は現在まで身元確認が可能な方とは接触や議論をすべて終えました。追加的に把握した事項がある場合は今後別途ご案内いたします」





guest
14 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る