in

Stray Kids「ヒョンジン」中学時代の教師、手紙「いじめ疑惑は誇張….非難集中、残念」

ヒョンジン


Stray Kids「ヒョンジン」が26日、学生時代の「いじめ・校内暴力」疑惑について謝罪。ヒョンジンの中学時代を見守った教師が、韓国メディアに手紙を送りました。

教師のA氏はOSENに送った手紙の中で「私はヒョンジンが卒業した学校の教師」「2016年度卒業生の入学から卒業までの学校生活を全て見守った」と自己紹介し、当時の状況を説明。手紙には次にように綴られています。

教師A氏:
「ファン・ヒョンジンをめぐる今回の学生の書き込みと議論を見て、残念に思い、この手紙を書くことになりました。私さえも記憶に歪みがあるかと思って、当時勤務していた多くの先生方と通話し、当時の状況を再確認しました」

「ヒョンジンが中学2年生の時期に属していたクラスには、全体的に負けん気が強く性格の荒い生徒たちが多くて、クラスの雰囲気は鋭い方でした。子供たちが未成熟な時期ということもあり、外部的な要因によって互いの足りない点をかばうよりは非難し合い、揶揄しあう雰囲気がクラス内に形成されていました」

「そのクラスの多くの子供たちが、こういうクラスの雰囲気に流され、表現する方法が未熟で下手だったと思います。ヒョンジンもこのようなクラスの雰囲気の中で、自分を取り巻く様々な大変な個人的な状況のため、混乱する時期を経験し、言葉と行動が多少荒れて鋭敏だったようです」

「たとえヒョンジンが当時、分別のない言葉と行動で誰かを傷つけたとしても、そういうクラスの状況があり、ヒョンジンが主導して暴力を振るったというふうに脹らまされたのは事実と違うので、とても残念です」

「自分が誤った部分について十分に反省し、傷ついた友達に謝って許しを求め、それに対する責任を負うのはヒョンジン本人の役割です。しかし芸能人だという理由で、その頃クラスであった全てのことに対する非難と責任がヒョンジンだけに集中するのは過酷と考えられます。通話した先生たちも共通して『ヒョンジンは、性格が良くない子供として残る、このように烙印を押されてしまうのは残念で不当だ』という意見をくださいました」

「未熟な思春期の青少年たちが集まっていた中学校2年生の時、当時荒かったクラスの雰囲気の中で、大変な時期を送った教え子たちが心を痛めてると思うととても残念です。未熟だった子供たちだけど、みんなが私の大切な教え子たち。その子たちを3年以上指導してきた教師として、どの子もあの時の記憶によって二度と傷つかないよう望む心で、慎重にこの手紙をお送りします」

ヒョンジンは最近、オンラインコミュニティに掲載された書き込みで、校内暴力の加害者と名指しされていました。

それについて、ヒョンジンは26日に直筆謝罪文を通じて、謝罪。ヒョンジンは被害者に直接会い正式に謝罪し、許しを受けたといいます。

所属事務所JYPも同日、「ヒョンジンの未熟で不適切な言動で被害を受けた方々と直接会って心から謝った。ヒョンジンとの誤解を解いて心のこもった謝罪を受け入れ、前途を応援してくださり、改めて感謝の言葉を申し上げる」と明らかにしました。





guest
26 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る