in

AKMU(アクミュ)、YGと5年再契約「7年間一度も対立ない」

akmu


AKMU(アクミュ)が、YGエンターテインメントと再契約を結びました。

YGは26日「イ・チャンヒョクとイ・スヒョンの2人と7年間の契約期間が終わり、5年の再契約を締結した」と明らかにしました。

AKMUは大衆人気だけでなく、音楽的芸術性も同時に認められている兄妹デュオ。2012年にSBS「Kポップスター」シーズン2に出演し、「楽童ミュージシャン」という名で注目を集めたAKMUは、2014年にYGで正式デビューを果たしました。

その後、2人はYGの全面的な信頼と支援を受け、作詞・作曲能力を発揮し、韓国の音源強者に。この7年間、数多くのヒット曲を生み出してきたため、彼らの今後の歩みには業界の大きな関心が集まっていました。


業界には、「7年目のジンクス」という言葉があります。再契約を迎えるデビュー7年目には、グループが解散したり、ほかの事務所に移るケースが多いためこのように呼ばれています。たとえ所属会社との再契約を結ぶ場合でも、2年程度の短期的な契約が多いのですが、AKMUの場合、5年間という長期的な再契約を交わしたことは異例です。

兄のイ・チャンヒョクは「正直、YGほど所属歌手たちを先に気を使ってくれる会社はほとんどない。7年間、一度も小さな摩擦や意見の対立なく私たちが進もうとする方向にしっかり支援し、幼い私たちをうまく引っ張ってくれた会社」, イ・スヒョンは「YGを離れることを考えたことは一度もない」とYGに対する全幅の信頼を寄せています。

YGは先日、カン・ドンウォンとも再契約を交わすなど、相次いで朗報を伝えています。所属アーティストでは、Winnerが今年夏ごろに契約満了を迎える予定で、その再契約の行方も注目されています。(3年以内に契約満了のK-POPグループ:RedVelvet, ママム, Winner, TWICE, セブチ….)





guest
7 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る