in

aespaニンニン「4人でのデビュー、不思議だった」


aespa(エスパ)が、”デビュー確定時の心境”や”練習生時代の思い出”について話しています。

9日放送のラジオ番組「チェ・ファジョンのパワータイム」に、SMエンタの新ガールズグループaespaが出演。

デビューが確定した時について、ニンニンは「4人一緒にデビューするのが不思議だったし、この組み合わせもすごく不思議だった」と打ち明けました。


番組では、練習生時代のエピソードも紹介。

ニンニンは「いつも楽しかったけど、毎週土曜日にメンバー同士で、美味しいものを買って食べて、歌を大音量で流して踊ったりしたことが一番良かった」-

カリナは「パンとお菓子を食べて、管理を厳しくしなければならなかったけど、その過程がとても面白かった」と振り返っています。

メンバー達はまた、「”大人しいメンバー”は、ジゼルとカリナ, “ムードメーカー”はニンニンとウィンター」と口を揃えて答えていました。

aespaはRed Velvet以来6年ぶりとなるSMエンタの新ガールズグループ。韓国人メンバーのカリナ, ウィンター, 日本人のジゼル, 中国人のニンニンの4人で構成され、先月「Black Mamba」でデビューしました。(aespaスカウト秘話 – カリナ「SNSのDMで、SMから連絡」)





guest
1 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る