in

aespaニンニン映像に、スタッフの「卑俗語」発言→SBS人気歌謡、謝罪


aespa(エスパ)ニンニンのソロ舞台映像に、卑俗語を使うスタッフの声が入っていた件について、放送局側が謝罪しました。

話題となっているのは、先月30日にYouTubeチャンネル「SBS K-POP」にアップされたニンニンの「Black Mamba」フェイスカメラ映像。

映像の10秒あたりで、卑俗語と推定される音声が聞こえます。スタッフと思われる男性は「ハハ、ジョンナ(強意語:とても)合わない」と発言。「ジョンナ」は、語源が男性器で下品な言葉。韓国の記事でも伏せ字にされるほどです。


これについて、批判的な声があがると、SBS人気歌謡側が釈明しました。

関係者は7日「aespaニンニンの密着カメラの中で、ステージと関係なく撮影過程でスタッフ間の業務会話が映像に入った」とし、「YouTube運営スタッフのミスで会話が確認されずにアップロードされた」と釈明。

さらに、「不便を感じた方々にお詫びし、今後さらに注意したい」と謝罪しました。





guest
8 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る