in

aespaニンニン映像に、スタッフ(?)の「卑俗語」….批判の声

(写真:「SBS K-POP」YouTubeチャンネル)


aespa(エスパ)のステージを見ていた男性スタッフが、卑俗語を使い議論になっています。

問題の発言があったのは、先月30日にYouTubeチャンネル「SBS K-POP」にアップされたニンニンの「Black Mamba」フェイスカメラ映像。

映像の10秒あたりで、卑俗語と推定される音声が聞こえます。スタッフと思われる男性は「ハハ、ジョンナ(強意語:とても)合わない」と言ったように聞こえます。


「ジョンナ」は、語源が男性器で下品な言葉。韓国の記事でも伏せ字にされるほどです。

何に対する発言か定かではありませんが、映像を見たファンからは「SBSはSM歌手に恨みでもあるのか」「人前なのに」 「放送局のスタッフが収録中に私語。こんな声が入った動画をアップ? SBSの水準はやばい」などと激しい非難が続いています。

現在までに、SBS KPOP側は立場を発表するなどの反応を示していません。





guest
1 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る