in

「IZOneカムバするのに」”プデュ48″コ・ユジン 操作暴露→批判DM殺到


IZOne(アイズワン)が誕生した「プロデュース48」に出演したコ・ユジンが、撮影中に感じた不当性を暴露。その後、DMを通じて批判を受け、それに反論しました。

コ・ユジンは2日、「プロデュース101」シーズン2の参加者イ・インスと共にYouTubeチャンネル「Ripple_S」に出演し、「プロデュース」シリーズを撮影しながら感じた点を率直に打ち明けました。


映像の中で2人は、「番組進行中に”操作”という事実を認知していましたか?」という質問に、迷わず「はい」と回答。

コ・ユジンは「とても感じた。撮影しながら、”あの人たち(番組側)は特に私に関心がないんだ”ということが分かった。撮る人だけ撮って、練習生たちの間では”どうせ操作だろ“という言葉が出回ったりもした。韓国の練習生の中でも、期待して出た人はあまりいないはず」と撮影時に感じたことを打ち明けました。

イ・インスも「特に、執拗にある練習生について聞いていた。私と別に接点もなかったけど」、コ・ユジンは「それ何か分かる気がする」と共感しました。

映像公開後の3日、コ・ユジンはInstagramストーリーを通じて、自身が受け取ったDMの内容を掲載しました。


それには、「その映像を撮って面白いの? IZOneの活動があるの見えないの? 人の人生を台無しにしておいて面白い? 人の人生を邪魔しないで。今回の映像を撮った目的が見え見えすぎる」といった批判的な内容が書かれています。

これに対して、コ・ユジンは「あなたの人生を気にして、一般人に触れないでください。ムカつくから。私が前にも言ったように、度を超える言動は法的措置をとります。目の前で言えないことを言わないでください」と警告しました。

警察および検察の調査の結果、「プロデュース」制作陣は「プロデュース101」シーズン1, シーズン2, シーズン3(プロデュース48), シーズン4(プロデュースX101)の全シーズンで練習生順位を操作していたことが明らかになりました。

11月18日には制作陣の業務妨害・詐欺などの罪に対する控訴審判決公判が開かれ、1審同様、アン・ジュンヨンPDは懲役2年, キム・ヨンボムCPは懲役1年8ヵ月の実刑判決が言い渡されました。これに対して、制作陣と検察共に上告しています。(“プデュ48″コ・ユジン暴露「収録中に”操作”疑う声」…..「顔変わった」の声)





guest
29 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る