in

JYPエンタ「TWICEへの悪質な書き込み者に罰金刑….善処なし」

twice


TWICEへの悪質書き込みに対する法的対応について、JYPが進捗状況を報告しました。

JYPエンターテインメントは9月24日、SNSを通じて「TWICEに対する無分別な誹謗と根拠のない虚偽事実の流布など、アーティストに直接・間接的被害を誘発しうるすべての問題について、専門法務法人とともに可能なすべての法的措置を行うことを、幾度もご案内したことがある」と切り出しました。

JYPは「特定のコミュニティを中心に、アーティストに対する無分別な誹謗とデマ拡散を続けたA氏, B氏, C氏の3人に対する情報通信網の利用促進及び情報保護等に関する法律違反(名誉毀損)で各300万ウォン, 300万ウォン, 500万ウォンの罰金刑が言い渡された」-

続けて「このうちA氏は昨年1度、同法違反で起訴猶予処分を受けた後も繰り返し悪質な掲示物を作成したため、再措置を取り今年初め罰金刑が言い渡された」と明らかにしました。

JYPは「上記の事件を含め、当社は現在、刑事告訴・告発中の全ての事例に対し、民事を含む最高レベルの法的措置を継続的に検討し、取っている」「アーティストの健康的な活動と保護のために、このような件を決して座視することなく、いかなる善処もなく可能なすべての法的措置を継続して拡大適用する」と伝えています。(TWICEツウィ、愛犬「グッチ」の死を報告)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る