[I-Land] フィギュア選手出身パク・ソンフン、ビジュアルに関心「雰囲気が良い」

パク・ソンフン


6月26日に放送がスタートしたMnet「I-LAND(アイランド)」。23人の参加者の中で、パク・ソンフン(19)のビジュアルが韓国で注目を集めています。


「I-LAND」は、BTSが所属するビッグヒットとCJENMの共同プロジェクト。次世代K-POPアーティストの誕生過程が描かれます。

6月26日に放送された第1話では、23人の参加者(志願者)が巨大収録セットに入場する様子が公開。日本や台湾、ベトナムなど多国籍で構成された参加者の中で、韓国ネットユーザーの視線を集めたのは、パク・ソンフンだったようです。





放送終了後、オンラインコミュニティには「現在までにビジュアル反応が一番いい練習生」として、パク・ソンフンを紹介する投稿が掲載され、トレンド入り。



パク・ソンフンは2002年生まれで、フィギュアスケート選手出身。過去2年間、選手としての活動と、ビッグヒット所属のアイドル練習生としての活動を並行して行ってきたといいます。

第1話では、参加者ジェイと共にNCT Uの”The 7th Sense”のパフォーマンスを披露。参加者の投票により「アイランド」入り果たしています。

「I-LAND(アイランド)」は毎週金曜夜23時、MnetとtvNで放送中。




コメント欄
「鼻がきれいね」
「小さいとき可愛い」

「この子が一番目にとまった」
「ジェイクもビジュアルで反応がよかった」
「アイランド、本当に良い人材がいなかった」
「うん…普通だね」
「かっこいいけど、それよりも雰囲気がよかった」
「雰囲気が格別だったよ」

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments