(G)I-DLE、米リパブリック・レコードと提携「米本格進出」


4月8日、(G)I-DLEが、ユニバーサルミュージック・グループ傘下リパブリック・レコード(Republic Records)と提携を結んだことが発表。アメリカ市場進出に乗り出すといいます。





リパブリック・レコードCOOのAvery Lipman氏は「多様な才能を兼ね備えた(G)I-DLEが私たちと一緒に働くようになって嬉しい」「領域を広げ、北米市場への進出を狙うなどグローバルな影響力とポテンシャルを披露する2020年は、(G)I-DLEの最も大きく大胆な年になると思う」と期待を示しました。

Cubeエンターテインメントのアン・ウヒョン代表は「(G)I-DLEの本格的なアメリカ進出を米国を代表するレーベル会社リパブリックレコードと共にできてとても嬉しい」とのコメントを発表。

(G)I-DLEは6日、3rdミニアルバム「I trust」をリリースしカムバックしました。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments