Red Velvetウェンディ2.5m落下…関係者「トンネルが暗かった」

ウェンディ


Red Velvetウェンディが、リハーサル中に負傷した件について、Dispatchが現場スタッフに取材を行っています。

事故は、12月25日に行われた”SBS歌謡大祭典“の”Speechless”(アラジン)のリハーサル中に起きました。

歌に合わせて2階のトンネルを通り階段で降りる際、ウェンディは2.5mの高さから落下。右の骨盤と手首を骨折し、右側の頬骨にひびが入る重傷を負いました。全治まで、6週間以上かかるとみられます。





トンネルは当時、暗く蛍光マーキングもなかったっとし、リフトにも問題があったといいます。

関係者は「2階のトンネルが暗くて狭かった。リフトも用意できていない状況だった」、「その状態でウェンディがリハーサルをした。マーキングテープさえあれば事故を防ぐことができた」と話しています。

SBS「RedVelvetウェンディのリハ中の負傷、心から謝罪」





事故直後、救急車で病院へ運ばれたウェンディ。Red Velvetのメンバー達はウェンディの負傷にショックを受けていたといいます。

また、他の出演者の様子について、関係者は「”ウェンディ事故”の後も、数グループが2階のトンネルに上がった」「現場に事故の知らせが伝わった後、皆不安に震えながら公演を行わなければならなかった」と語っています。

SMエンタは26日、「ウェンディは現在、病院に入院し治療中」「回復するまで治療に専念する」とのコメントを出しています。

SMエンタ「Red Velvetウェンディ、入院し治療中…”KBS歌謡祭”と”MBC歌謡大祭典”でグループ舞台なし」

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments