JTBC「BTS、事務所ビッグヒットと収益配分で対立….法的対応を検討」

bts


JTBC”ニュースルーム”は12月9日、「BTS(防弾少年団)が、所属事務所ビッグヒット・エンターテインメントと収益配分で対立している」と報道しました。

bts





報道によると、BTSは最近、大手ローファーム(法律事務所)と接触したとし、ビッグヒットを相手に法的対応を検討しているといいます。法律事務所側は「このような内容を確認することはできない」とコメント。

ビックヒットは今年、BTSの世界的人気によって2,000億ウォン(約200億円)を超える創業以来最高売上を記録しています。

BTS関係者は「収益精算問題で対立があり、立場の相違を縮めることができず、法的に検討している」と説明。一方、ビッグヒット側は報道について、「事実無根以外に答えがない」と述べています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です