TRCNGウヨプとテソン、TSエンタを児童虐待で告訴

trcngウヨプとテソン


ボーイズグループTRCNGのメンバー2人が、暴行などを受けたとし所属事務所を告訴し、専属契約の解除を求める内容証明を送ったといいます。

11月18日法務法人ナムガンのチョン・ジソン弁護士によると、TRCNGメンバーのウヨプとテソンは4日、TSエンターテインメントから児童虐待, 特殊暴行, 恐喝などの被害を受けたとし、専属契約解除を求める内容証明を送付。

弁護士側は、契約解除を求める理由について「会社のマネジメント能力の喪失, 未成年メンバーに対する常習的な児童虐待と特殊暴行」と明らかにしました。


弁護士によると、12日、TSエンターテインメント理事と職員2人に対する告訴状をソウル地方警察庁に提出したとし、児童福祉法違反(常習児童虐待)容疑への処罰を要請したといいます。

これについて、TSエンターテインメント側は11月18日、「本日メディアで報道されたTRCNGメンバーのテソンとウヨプの主張内容は事実でない」、「彼らの主張は一方的な主張であり、TRCNGメンバー全員が同意している内容ではない」と明らかにしました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です