“アイドル学校”‘参加者「冬でも夏服….食べ物不足」

アイドル学校


MBC「ニュースデスク」が10月4日、fromis_9が誕生した”アイドル学校“参加者の証言を放送しました。

報道によると、夏から始まり6ヵ月続いた撮影中、番組側は夏用の団体服のみを支給し、出演者たちは、真冬まで夏服で耐えなければならなかったといいます。





また、外部との接触がコントロールされていた状況で、生活必需品は1ヶ月に1度だけ、CJENM系列のドラックストアでしか買えず、食べ物はいつも不足したといいます。

参加者A氏は「1ヶ月に1度や2度、学校に行かせてくれた。その子たちは帽子の中や下着の中に、食料を隠してきた。友達と拾って食べて物乞いのようだった」と証言しました。

警察は現在、Mnetのオーディション番組の不正疑惑について捜査を行っています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です