“プデュX”票操作疑惑….IZOne”プロデュース48″にも疑いの目

プロデュース48


プロデュースX101“に票操作疑惑が出る中、前シーズン”プロデュース48“にも疑いの目が向けられています。

7月19日に生放送された”プロデュースX101″最終回では、デビューグループX1メンバー11名が投票により決定しました。

ところが、放送直後、不自然な得票数の差に操作疑惑が持ち上がります。1位と2位, 3位と4位, 6位と7-8位、10位と11位の得票差がいずれも2万9978票で繰り返されていたことが判明。

プロデュースX101





Mnetは「集計および伝達する過程でミスがあった」「実際の順位には影響はない」と説明。しかしながら、疑惑は消えず、Mnetは7月26日、警察に捜査を依頼

そんな中、”プロデュース48″にも”票操作疑惑”が浮上。1位(チャン・ウォニョン)から20位(白間美瑠)までの練習生の得票数が、”445.2178″の倍数であったと指摘する声がネットユーザーから挙がっています。

プロデュース48





“プロデュース48″は昨年放送された”プロデュース”シリーズの第3シーズン。番組には、韓国の練習生と日本のAKB48メンバーが参加し、最終回ではガールズグループIZOneが誕生。 現在、そのIZOneが韓国と日本で活発な活動を行っている状況だけに、”票操作疑惑”捜査の行方に各国ファンの関心が集まっているといいます。

アイズワン

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です