ブレイブ側「サムエル、代表個人事業に利用との主張…事実無根」

サムエル


ブレイブ・エンタが、サムエル側の主張に反論しています。

ブレイブ・エンターテインメントは6月11日、報道資料を通じて、「サムエル側はブレイブがアーティストを会社代表の個人事業に強制的に関与させたり, 清算資料をきちんと与えなかったことなどと主張したが、これは事実とはまったく異なるという点を先ず明確に明らかにしたい」と反論しました。

ブレイブ・エンターテインメント





– (代表の)個人事業広報のためにアーティストを強圧的に関与させたという主張について、ブレイブ側は「ブレイブ・エンタの代表取締役が、ブロックチェーン技術を利用した音楽ストリーミング・サービス・プラットフォーム関連事業の一部に参加しており、サムエル君がブレイブの所属歌手として、音楽フラットフォームEXPOの祝賀舞台で公演日程を進めたのは事実」としながらも、「最新技術に基づく音楽関連事業の性格を考慮し、サムエルをマスコミと大衆に露出させるためのものだった」と釈明。

– イベント公演契約書について、ブレイブ側は「ブレイブが何度も偽契約書を作成したと主張しているが、作成した事実自体なく、契約締結からイベントの進行、行事費用の入金に至る全過程を合法的に進めた」とし、「出国前からサムエルの母親に十分にイベントについて説明し、母親も同意し、その日程が進められた」と主張。

– 清算資料が提供されなかったというサミムエル側の主張について、ブレイブ側は「サムエル君の両親の要望により、清算資料だけでなく、ボーカル, 振り付けトレーニング, 外国語教育, 運動PTなど、会社がサムエル君のために提供した様々な活動についての根拠となる資料を文書で渡しており、サムエル君の父親も会社を直接訪問し関連資料を確認している」とし、「ところが、精算金の金額について、意見に相違があったため、サムエルの母親は自分の一方的な意見が反映された精算書をブレイブに再び要請した」と反論しています。

“Produce101″出身のサムエルは最近、SNSを通じて独自活動を宣言しました。サムエル側は「所属会社代表の個人事業に利用された。信頼関係が崩れた」と主張しています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です