in

ユチョン側弁護士、陽性反応に「”麻薬使用していない”立場変わらず」


パク・ユチョンの法律代理人を務めるクォン・チャンボム弁護士は25日「国科捜の検査結果は否定できない事実」としながらも、「麻薬をしていないとの依頼人の立場には変化がない」と”麻薬検査の陽性反応“報道後、初めて立場を明らかにしました。

さらに、「令状実質審査まで時間があまりないが、どのようにヒロポンが体内に入り、今回、国科捜の検査で検出されるようになったのか、調べている」と付け加えています。

京畿道南部地方警察庁は23日、国科捜の検査結果などをもとに、ユチョンに対する事前拘束令状を申請。26日に開かれる尋問で拘束の可否が決定されます。パク・ユチョンは容疑を否認しています。

一方、C-JeSエンタは24日、専属契約の解約とユチョンの芸能界引退を発表しています。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments