仁川の女子高 – 英語試験にク・ハラ騒動を出題し謝罪


ク・ハラと元彼氏の暴行・リベンジポルノ騒動試験問題として出題した女子高が、謝罪しています。

仁川にあるA女子高は、11日に行われた英語の試験で、ハラ騒動に関する問題を出しました。そこには、関係者の実名や写真と共に、騒動を揶揄するよう文言で事件に関するエピソードが書かれています。

(ポップコーン騒動やデートDV, ハラによる暴行事件が取り上げられている)





この問題用紙の写真がSNSなどで拡散し、各所で批判が出ていました。それを受けて女子高側は10月12日、謝罪文を掲載し謝罪しています。

女子高側「問題の形式や出題がタイミング上、問題があった点を教師も認めている。出題意図とは関係なく、現在警察で調べられている事件の写真や実名を使用し、関係者の方々と学生たちに申し訳なく思っている。」

さらに「これは一個人の問題ではなく、全教師の問題でもある。すべての先生たちに関連内容を周知させると同時に注意を与えました。」

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です