in

Dreamcatcher側、ティーザー動画を削除 – “自殺”コンセプトとの批判を受けて


DreamCatcherの事務所が、ティーザー映像を削除し謝罪文を投稿しています。

カムバックを控えるDreamCatcherは9月6日、”ミステリーコード“とされるティーザー動画を公開。動画には、自殺が多発する麻浦(マポ)大橋の映像と共に、自殺などのニュースを伝える音声が加えられていました。

(橋にある文字は、自殺を思いとどまらせるために書かれている)





この動画に対して、ファンからは批判や、その影響を懸念する声が挙がっていました。

9月7日、ハッピーフェイス・エンターテインメントは動画を削除し、謝罪文を投稿。

「ハッピーフェイス・エンターテインメントです。
まず、本日公開された”ミステリーコード・ビデオ”によって、不快に思われたファンの皆さんに謝罪の言葉をお伝えします」

「当ビデオのテーマは、”自殺”ではなく”ストレス”でした。映像の中に含まれていたニュースは全てストレスに関係する内容でした。その表現が、極端に解釈される恐れがあるという点を見落とした。

ハッピーフェイス・エンターテインメントは、該当動画を削除し、今後このような誤解が発生しないように、さらに注意を傾けることをお約束いたします。再度、ビデオで不快に思われた方々にお詫びいたします」

View this post on Instagram

안녕하세요. 해피페이스엔터테인먼트입니다. 먼저 금일 공개된 미스터리 코드 비디오로 인해 불쾌감을 느끼신 팬 여러분께 사과의 말씀 전합니다. 본 미스터리 코드 비디오의 주제는 자살이 아닌 '스트레스'였습니다. 영상 속 포함된 뉴스들은 모두 스트레스에 기인한 내용들이었습니다. 이를 표현하는 과정에서 다소 극단적으로 해석될 수 있다는 점을 간과하였습니다. 이에 해피페이스엔터테인먼트는 해당 영상을 삭제하였으며 향후 이런 오해가 발생하지 않도록 더욱 주의를 기울일 것을 약속드립니다. 다시 한 번 이번 미스터리 코드 비디오로 불쾌감을 느끼신 분들에게 거듭 사과드립니다. 감사합니다.

A post shared by 드림캐쳐 DREAMCATCHER (@hf_dreamcatcher) on





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る