[Produce48 ep.7] 本村碧唯とキム・チョヨン、Hand Clapの振付けをめぐり涙 ‐ ポジション評価


本村碧唯キム・チョヨンが、振付けをめぐる意見の相違で涙しています。

7月17日放送の「Produce48」では、ポジション評価曲”Hand Clap“のステージに臨む練習生の姿が描かれました。

振付け創作の場面、キム・チョヨンは「セクシーな感じがいい」と主張しますが、本村碧唯は「セクシーも良いけど、他のチームもセクシーコンセプトだから、(私達は)明るくて楽しい感じが良いと思う」と対立。


その後、意見調整が上手く行かずに臨んだ中間点検で、トレーナー達は「ポイントがない」と酷評します。


キム・チョヨンはトレーナーのメイ・ジェイ・リーに「意見が違い、振付が合わないようです。」と涙。その様子を見ていた本村碧唯の目にも涙が。





(別撮りのインタビュー) キム・チョヨン「私がリーダーなのに、リーダーの役割を上手く果たせていない」

(別撮りのインタビュー) 本村碧唯は「上手くコミュニケーションが取れていなかった」


宿舎に戻った2人は、打ち明けた雰囲気で意見を交わし、振り付けを大幅に修正、本番の舞台に臨んでいます。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です