防弾少年団(BTS)のV、ファンをスマホで撮影し賛否

テヒョン


7月6日、「SBSスーパーコンサートin 台北」に出演するため仁川国際空港を通じて出国した防弾少年団(BTS)

その際、メンバーのV (テヒョン)が、スマホをファンに向けて撮影する行動をし、”女性ファンの顔を写すこと”に”人権上の問題”があると、一部から批判の声が出ていました。


これに対して、Vファンは反論する投稿を行っています。

投稿者は、下のような接近し写真を撮られた事への仕返しの意味だったとし、当時Vは”自分撮りモード“で、撮影しているフリをしていただけと主張。


さらに、その投稿者は、同じ行動をしたある外国人女性セレブへの反応と、今回の反応の違いを紹介するコメントを引用。 – 海外では、”ガールクラッシュ”と褒められるのに対して、韓国内では、”ファンへの人権侵害”が指摘される。


投稿者は、ファンの人権だけではなく、多くのファンに撮影されるBTSの人権も尊重される事を求めています。

(ソース:1)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です