[Produce48 EP.3] 対照的な”Short Hair”2組 – 高橋朱里は指名されセンターに、松岡菜摘はやさぐれる


6月29日放送のMnet「Produce48 (プロデュース48)」EP.3では、グループ・バトルに臨む練習生たちの様子が描かれました。

2組が同じ曲のパフォーマンスを行い、対決するグループ・バトル。曲が割り当てられた各グループは、センターを決めることに。


AOAの”Short Hair“のステージに臨むことになった松岡菜摘(HKT48), 今田美奈(HKT48), 長谷川玲奈(NGT48), イ・シアン(Stone Music), アン・イェウォン(YG Kplus), 田中美久(途中降板)のグループ。

途中降板が伝えられている田中美久が「センターやりたい人いますか?」と質問すると、松岡菜摘, 今田美奈, イ・シアンの3人が手を挙げます。


アン・イェウォンは「曲を歌ってみて」 –

これに松岡菜摘は「今? 全然覚えてない。練習したわけじゃないし」、今田美奈も「何を見るのって感じじゃない?」と松岡に同調。


その発言に、イ・シアンは、あ然とした表情で2人を見つめます。


イ・シアン「このパートの表情で、センターを決めることが出来ると思う」

この提案に、松岡菜摘今田美奈を見ながら「でも、センターじゃなくても表情大事じゃない?」、「ねえ、嫌だ、この決め方」





松岡菜摘は日本人メンバー3人を見ながら「じゃんけんで良くない?」、イ・シアン「センターはとても重要なので、じゃんけんでは決められない」

松岡菜摘は「じゃあ、いい。どうぞ。私はやめる」、別撮りのインタビューで、松岡菜摘「歌って言われると、自信が無いので。一歩引きました。」


結局、表情対決することになったイ・シアン今田美奈の2人。


演技を見たアン・イェウォンは「シアンの方が良いと思った」としますが、松岡菜摘, 長谷川玲奈, 田中美久の3人は今田美奈をセンターに指名。結果、多数決で今田美奈がセンターに。





シアンを選ばなかった理由について、松岡菜摘「シアンがセンターだと、シアンと他の人っていう感じになりそうだった」

シアン「国の違いが、ある程度作用した」


一方、そのグループと対決する高橋朱里, キム・シヒョン, キム・ミンソ, チョ・ユリ, ユ・ミニョン, 小嶋真子のグループは、和やかな雰囲気でセンター決めを進めます。


リーダーのシヒョンが「センターは朱里ユリが良い。歌ってみようか?」、これに2人は素直に従います。

1フレーズを歌った後、高橋朱里は「チームでバトルだから、迷惑かけたくない」とし、センター辞退をほのめかします


これに、チョ・ユリも含めた他のメンバーは「ノーノーノーノー」、ユ・ミニョンは別撮り画面で「本当に可愛い。」





その後、メンバー全員が「ジュリがセンター!」と拍手し、高橋朱里はセンターを快諾。チョ・ユリ朱里に「私が助けます」とし、抱擁しています。

2組の対決の模様は、毎週金曜日、MnetBSスカパー!を通じて放送中の「プロデュース48」で!

(ソース:1 / スクリーンショット:Mnet)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です