[Produce48(プロデュース48)] AfterSchoolのイ・カウン、5年間の空白期間を涙ながらに語る


イ・カウンが、涙ながらに思いを語っています。

Mnet「Produce48 (プロデュース48)」の初回が、6月15日23時より放送。同日、練習生らが初対面する場面や、事務所毎に別れパフォーマンスを披露する様子が放送されました。

特に注目を集めていたのはイ・カウンアフタースクールのメンバーでもあるPledis所属の練習生は、ランクを決定するトレーナーの前で、参加への思いを語りました。





After Schoolの活動が2013年以降ストップした状態で、5年間の空白期間について、トレイナーのペ・ユンジョン「これまで何をしていた?」-

カウン「5年間、カムバックを待っていた。ずっと待ってたけど、駄目だった」と話すと涙を流します。「休みを平気だと思っていた。だけど、全然大丈夫じゃなかった。」


同じ事務所の練習生が、プリスティンIOIとして活動するのを見守ったというカウン「デビューしていなかったら、”プデュ1″に出て、上手く行ったのではと想像していた。」





ペ・ユンジョンカヒ(After School出身)に「この子と一緒に活動したことある?」、カヒ「ない。(番組出演は)NU’ESTから刺激を受けたよう」(NU’ESTメンバーもプロデュース101に参加)

カウン「私もまた挑戦できないだろうかと感じた。それで勇気を出して…」。さらにAfter Schoolの現状について「解散はしていない。だけど、”プロデュース48″に出たいと言うと、許可してくれた」

特技の日本語や”Havana“を披露したイ・カウンは、Aランク(Aグレード)の評価を受けています。

(ソース:1, 2)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です