玉突き事故に遭ったカンナム、事務所「自宅で安静にしている」


カンナムが乗っていた車両が4月28日、5台が絡む玉突き事故に巻き込まれました。事故の翌日となる29日、事務所がカンナムの容態についてコメントを出しています。

カンナムの所属事務所は4月29日、「カンナムは、ソウルで精密検査を受け、今朝自宅に戻り安静にしている」「事故の衝撃により、頭と首に多少の痛みがあるが、大きな怪我はないようだ。 経過を見守る予定」

カンナムは4月28日、スケジュールのため車で移動中、京釜高速下りの忠州付近で、5台が絡む玉突き事故に遭い、怪我を負ったと伝えられていました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です