in

元Madtownのソン・ジェホ(H.O)、KPOPアイドルの裏側を語る「デビューした瞬間から負債を背負う」


MADTOWNの元メンバー、ソン・ジェホ(H.O)が、アフリカtvの配信を通じて、KPOPアイドルの活動舞台裏を赤裸々に語っています。

「アイドルは大変な職業」と話したジェホは、「オーディションから練習生生活を経て、デビューした瞬間から負債を背負う」と語っています。

その負債について…「音楽、レコーディングとアルバム作業, MVのセット, 撮影代, 衣装, 食費, ファンミーティングの費用」


ジェホによると、マッドタウンの場合は総負債は5億ウォン (5000万円)に達したよう。

「7人で5億ウォン (5000万円)を分けて背負うことになる。1人当たり約7,000万ウォン(700万円)程。一度のカムバック (プロモ活動期間)で、全額は無理」

収益を得る手段について…ジェホ「音楽番組への出演でお金を稼いでいない。番組出演は、露出のため。収益はイベント, コンサート, 海外公演、アルバムの売り上げから発生する」

ただ、ジェホによると、知名度が低いアイドルの場合は、収益を発生させるのは極めて困難と話しています。

また、所属会社との収益分配について…「5:5だった場合、1億を稼げば、会社とグループで5,000万ウォンずつ分ける。この時1人当たり700万ウォン。だけど、僕に700が全部入ってくるわけではない。それは全部、負債返済に消えていく」とジェホは話しています。

(ソース:1, 2)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る