in

女優キム・ジウォン、歌手の道を断念したことに「未練はない」


女優のキム・ジウォンが、歌手の練習生だった過去に触れ、諦めたことに「後悔はない」と話しています。

中学3年生の時から歌手の練習生だったキム・ジウォンは、ジェシカKの名で活動。当時、同じ事務所だったユンナのバック・ボーカルやピアノを担当していました。

キム・ジウォンは当時について「練習生の時は、アーティストになりたかった」、また歌手の道を断念したことについては「演技の才能があるとは思っていないけど、歌手(の才能)は全くなかったようです。未練はありません。才能のある人たちに、取っておくべきです」

最後にキム・ジウォンは「有り難いことに、俳優という職業をしているので、より集中してやって行きたい」と話していました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る