キム・セジョン、「ワナワンに手紙を渡したことを後悔している」


18日放送のKBS2「ハッピートゥゲザー」に元IOIのキム・セジョンが登場。IOIと同じ様に「プロデュース101」から誕生したWanna Oneに、以前、手紙を書いたことを明かしています。

キム・セジョン「歌手同士でアルバムを交わすんですけど、その際、先輩としてワナワンに手紙を贈った」とし、手紙には「喧嘩せずに、今は大変でも、後にその時間を懐かし思える」との内容だったことを明かしたセジョンは、手紙を贈った事を後悔しているよう。

「手紙を渡してから、ワナワンを見れなかった。どうしてお節介を焼いてしまったとのかと後悔した。」と話したキム・セジョンはその後、カメラに向かい「プレッシャーを感じないで欲しい。気楽に会いましょう」と呼びかけていました。



またキム・セジュンは、”プロデュース101 シーズン2″で注目していた練習生としてユン・ジソンオン・ソンウを挙げ、「最初、私はお笑いキャラだったので、シーズン2でも同じようなキャラの人に目が行った。ユン・ジソンとオン・ソンウを注目していた」


(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です