in

NewJeans「台湾迷惑撮影」で、現地制作会社が謝罪


「NewJeans」が最近、台湾で撮影を実施。それについて、「スタッフから大声でドケと言われた」「通行人にスマホ検査をしていた」との苦情書き込みが現地フォーラムに掲載。所属事務所が否定した中、現地プロダクションが謝罪しています。

台湾の「雷宮製作」はSNSを通じて「撮影に関して議論を引き起こしたことについて、心から申し訳ありません」「当社は台湾地域現地進行を引き受けた会社であり、モデルエージェンシーでエキストラ俳優募集文内容が不適切だったことは当社とモデルエージェンシーの責任です」ー

続けて「今後必ず留意して法に従います。韓国のガールズグループや所属事務所、撮影関係者はこの内容が分からない環境だっただけでなく、エキストラの出演料に相当する適正な費用を払っていました」「関係者に大きな被害を与えたこと、心から申し訳ありません。 今後このようなことが二度と発生しないように格別に注意するようにします」と謝罪しました。


これに先立って、現地メディアETtodayは「NewJeansが許可を受けずに道路で撮影を行っただけでなく、市民のスマホを検査した」と報じていました。撮影スタッフが通行人に大声を出したり、スマホ検査を実施したといいます。また、あるネットユーザーは「スタッフに『道路占用許可を受けたんですか?』と尋ねると、スタッフは『許可を受けていない』と答えた」と、書き込んでいました。

これについて、所属事務所HYBE傘下Adorは2日、「現在オンラインに出回っている内容は事実ではない。当社は台湾の市役所、警察などから公式撮影許可を受け、撮影許可を受けた範囲内で撮影を行った」

続けて「当時、現場スタッフが写真を撮らないでほしいというピケットを持っていたが、撮影統制区域で写真を撮る方々がいた。その場合、現場で丁寧に写真削除を要請し、皆が協力的に応じてくれた。当時、撮影現場で大声が出たり無礼にするケースは全くなかった」と伝えました。


Subscribe
guest
30 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る