in

HYBE、ユニバーサルと関係強化!音源・AL「10年」独占流通契約


「HYBE」が、世界最大の音楽企業グループ「ユニバーサルミュージックグループ(UMG)」と、アルバム・音源独占流通契約を締結したと発表しました。

HYBEによると、UMGはグローバル音楽市場でK-POPの存在感が大きくなり、HYBEがマルチレーベル戦略を成功的に具現しているという点に注目し、今回の契約を結んだといいます。UMGは今後、HYBE所属歌手たちの北米地域活動広報とマーケティングも支援するとのこと。

今回の流通契約の対象地域には、韓国、中国、日本は含まれていません。また、TikTok・YouTubeといったプラットフォームもその対象範囲から除外されたといいます。

HYBEは「今回の契約はグローバルトップクラスの音楽企業に匹敵する条件で締結された」「既存レーベルだけでなく新たにHYBE傘下に編入されるレーベルにも適用できる。HYBEが新設したり、今後HYBEに合流するレーベルもユニバーサルミュージックグループのグローバルインフラを活用できるという意味」と説明。

UMGルシアン・グレンジCEOは「音楽産業に革新的でありながら進歩的なビジョンを提示してきたHYBEのパン・シヒョク議長と協業できて嬉しい」「今回のパートナーシップを契機にHYBEのスーパーファンプラットフォームWeverseと共にプラットフォーム分野の同伴成長を模索していく」と述べました。


Subscribe
guest
21 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る