in

「模倣が露骨」Le Sserafim 新AL「Easy」….批評サイトIZM「2.5点」と評価「SZA『Kill Bill』, Doja Cat『Woman』参考にしている」


「Le Sserafim」が19日、3rdミニアルバム「EASY」をリリース。韓国の有名音楽批評サイト「IZM」が、レビュー記事を掲載。レビュースコア「2.5点」(5点満点中)とし、「レファレンスが露骨だ」と指摘しています。

IZMは「模倣のない創作は存在できない現実に、適切な参考と創意的変形は卓越した能力だ」「Le Sserafimの歩みは非常に印象的だった。ポップの成功的な先例を見事に選定し、これをグループのアイデンティティに成功的に集約することで、第4世代K-POPのリーダーの一つとして位置づけられたためだ」としながらも、「しかし、今回の「Easy」のリファレンス活用は必要以上に露骨だ」と指摘。

収録曲を例にあげて、具体的に「典型的なアフロビートの形をしている「Smart」は、色彩だけでなく主要メロディーラインまでDoja Cat「Woman」に似ており、荒いロックで疾走するイントロ「Good bones」のサウンド造成と中・後半の合唱は、Yeah Yeah Yeahs「Date with the night」を一気に連想させる」。


「Smart」については、南アフリカ出身の女性歌手「タイラ(Tyla)」のヒット曲「Water」との類似性を指摘する声も聞かれています。

YouTube video

YouTube video


過去曲もレファレンスが多く感じられたが、創意性も見られたといいます。
-「Isabella Lovestoryの過激なレゲエトーンを印象的に再解釈した「Antifragile」、直線的な進行を武器にジャージークラブ系列の先頭に立った「イブ、プシケ、そして青ひげの妻」等とは異なり、創意的試みのない安易な変形が既視感を誘発し、鮮度は避けられなく低下する」。

ただ、新譜のサウンドのクオリティについては”申し分ない”。

IZMは「このような類似性がさらに残念な理由は、サウンド自体の魅力が十分だからだ。リファレンスとの類似度を別にしてみると、各トラックの完成度と説得力にはこれといった不足がない。「Smart」は「Woman」と似ていると同時に、簡潔できれいなアフロビートと言え、SZA「Kill bill」を連想させる「Swan song」もメロディーの連結が調和しているため、不快ではない」

YouTube video


さらに「ラテンの香りが添加されたトラップ「Easy」も同様。 直前に期待以上の成果を収めた「Perfect night」の路線を続けながらも、予想できなかったジャンル選択で新鮮さを与え、明らかな外延拡張に成功する。比較的普遍的な作法であるだけに、特定のリファレンスを剥がしたという印象も少ない。ただ、大衆が一般的に期待するLe Sserafimの姿と曲が意図するジャンル的快感の間に明確な乖離が存在するだけに、受け入れられるには時間が少し必要に見える」。

最後に「誰よりもよく参考にして、また素敵に解釈してきたLe Sserafimが、プロデューサー陣の安易さで繊細さの紐を逃し、弱点を露呈した。 そのため、「Easy」は音の魅力は相当であるにもかかわらず、グループのどの作品より傷が多い。もちろん、その魅力が現在の地位を十分に守るほど大きいのだが」と締めくくっています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)

▼「なんでずっとああするんだよ」
▼「前の曲もすごく影響を受けたって、話が出たんじゃないの」
▼「スワンソングどこかで聞いたことあると思ったらキル・ビルだったね」
▼「ひどいな、本当に」
▼「ルセラフィムのアルバムを聴けば、外国のポップ流行が何なのか分かる」
▼「コピーキャットのイメージが良いはずがないのに··· これを続けると、毒になる瞬間が来る。今も正直いい声は聞かない。成績は良くても….目の前の成績だけで追いついて行くことだけ血眼せずにグループ固有の色をちょっと見つけてほしい」
▼「スマート、Dojaとタイラの歌を混ぜた感じ」
▼「今回はあまりにも露骨的」
▼「毎回こうだね」
▼「毎回どこかから持ってきて真似して··· グループのアイデンティティっていうのが ないみたい」

YouTube video


Subscribe
guest
190 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る