in

Seventeen「万里の長城」ティーザー映像を削除、中国内で物議→ プレディス「文化的理解と尊重不足していた」


「Seventeen」がカムバックに向けて、各都市のランドマークを背景にしたティーザーを公開。そのうち「万里の長城」の映像について、中国内から批判的な声があがり、映像が削除されました。

プレディス・エンターテインメントは24日「当社は9月23日、11thミニアルバム『SEVENTEENTH HEAVEN』プロモーションコンテンツの一つである『SVTRIGHT HERE』北京バージョンのティーザー映像を公開しました」-

続けて「北京バージョンは中国を象徴する代表的文化遺産である万里の長城を背景にカモミールの花が浮かぶ内容で製作されましたが、映像が公開された後、万里の長城に対する文化的理解と尊重が足りなかったというファンの皆さんの指摘がありました」「速やかに削除した」。

プレディスは「ファンの皆様にご不便をおかけしたことをお詫びし、今後より細心の注意を払う。今後、国および地域と多様な文化圏のファンの皆さんが皆一緒に楽しめるコンテンツを作れるよう努力する」と付け加えた。

中国では「万里の長城」など文化遺産を背景にした撮影や演出、イベント進行などを国家レベルで禁止しているといいます。HYBE傘下レーベル「プレディス」は、これを事前に認知できずに、現地ファンの間で議論が起こると、映像を削除し謝罪文を掲載しました。


Subscribe
guest
44 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る