in

2022 MAMA「不正投票疑惑」に声明「公正な投票に万全、不正票除外」


11月29日と30日に、日本の「京セラドーム大阪」にて開催される「2022 MAMA」。それに「不正投票」疑惑が浮上。授賞式側がコメントを発表しています。

11月4日14時現在、「2022 MAMA」公式サイトにアクセスすると、次のようなメッセージポップアップが出現。「不正投票」疑惑を受けて、Mnetが立場を伝えています。


Mnetは「Mnet Plusで行っている投票は会員登録、投票開始から完了までのすべての過程が、透明かつ公正な投票が行われるよう段階別に徹底した検証過程を経ている」-

続けて「投票前の過程は、グローバルK-POPファンが全て見られるように、全体投票数とアーティスト別得票率をリアルタイムで公開している。また、モニタリング過程で不正投票と確認されるデータは最終集計で除外処理する予定だ」と伝えています。

現在、「2022 MAMA」では「Worldwide Fans’ Choice」の事前投票が実施中。最近、その投票について、「不正投票」を疑う声が浮上。投票対象5組の票数が同じタイミングで急増。票の多さは、同時間帯の「BTS」を上回るほどでした。


これについて4日、オンラインコミュニティ上では、「Discord」のチャットキャプチャ画像が掲載。そこでは「マクロ」を使用して投票していることを暗示する会話が記録されています。


Mnetは「Worldwide Fans’ Choice部門の本投票候補者は Mnet Plus, Spotify, Twitter, YouTubeを通じて集計されたデータを全て合算して選定される」とし、「K-POPアーティストたちと彼らを支持し応援するグローバルファンの声が、投票過程に正直に反映されるよう正しい投票文化造成に協力をお願いする」と伝えています。

Mnetは「プロデュース101」事件を受けて、透明性確保に力を入れています。今年の投票の集計は、昨年と同様に、「PwC」メンバーファーム「Samil PWC」が担当。「PwC」は世界4大会計事務所の一つで、「米アカデミー授賞式」の集計を過去80年以上にわたって担当しています。

(「2022 MAMA」に”不正投票”疑う声….IVEなど「5組」に不自然な動き)





guest
59 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る