in

ジン入隊迫る….国防部「BTS兵役特例、難しい…..公正性に反する」


国防部(防衛省に相当)のトップが「BTSに兵役特例を適用するのは公正性に反する」との立場を示しています。

イ・ジョンソプ国防部長官は9月20日午後、国会に出席。民主党のミン・ホンチョル議員は「BTS兵役問題、これが今世論調査を通じて決める雰囲気です」「軍隊に行くか行かないかを世論調査で決めることができるか」と質問しました。

これに国防部長官は「国防部の立場をもう一度申し上げますと、BTS兵役問題に関しては、『兵役義務履行の公正性の面で代替服務制度を拡大することは難しい』という従来の立場には変わりはありません」と答えました。

ミン・ホンチョル議員は「憲法上の4大義務の中で最も重要な兵役義務は法と原則に従って施行しなければならないと思います。長官のそのような確固たる意志、守られることを願っています」と述べました。


国防部は今月1日、BTS兵役問題と関連して世論調査を行うと発表。しかし翌日に「国防部は世論調査の結果だけでBTS兵役問題に対する意思決定をしないことを重ねてお知らせする」と、批判を受けて立場を覆しています。

BTSの最年長メンバー「ジン」は現在29歳で、今年の年末までに入隊しなければなりません。当初は昨年12月に入隊しなければなりませんでしたが、昨年6月に「兵役法」が改正されたため、入隊が延期さた状態です。





guest
34 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る