in

スジン「(G)I-DLE」脱退1年…..弁護士が声明「学暴なかった、校内暴力委員会で無罪裁定」

スジン


(G)I-DLEの元メンバー「スジン」の弁護士が声明を発表。「”校内暴力”暴露者に対する法的対応を終える」と発表しました。

「スジン」の代理人を務める法務法人パルンのチェ・スンファン弁護士は8日、「ソ・スジンは法的手続きを通じて論議を終息させようと暴露者を刑事告訴したが、嫌疑なしの決定があった」とし、「議論の結果、暴露者の掲示文に関して法的手続きを通じて真実を究明することは限界に達したと判断し、今後法的手続きを進めないことにした」と明らかにしました。

代理人はその上で、「スジン」の校内暴力疑惑を否定しました。

「暴露者に暴行を加えたり、金品を奪い取った事実はなかったので、その部分については認めることも、謝ることもできなかった」

「校内暴力にあったと主張した中学校1年生当時、校内暴力対策自治委員会より『無罪』結果を受けて、先輩たちに脅された被害者と認められた事実がある」

「ソ・スジンは校内暴力などの問題で懲戒を受けた事実は皆無だ」

「多くの暴露者の方々がSNSなどを通じて主張しているように、スジンが信じられないほどの暴行、暴言、恐喝などの行為をしたとすれば、校内暴力委員会に再度付託され、それに伴う調査と懲戒を受けたはず」

「スジンは中学生時代、良くないことに関与して軽率な言動で他の学生たちと確執があったが、決して校内暴力に該当する行為をした事実はない」

暴露者が”嫌疑なし”判断を受けたことについて、代理人は「警察は、当該事件について暴露者の立場では真実であり、虚偽の故意がないという理由などで不送致決定をした」「当該事件の場合、相反する当事者の陳述以外に事実関係を確認する他の証拠が存在しない」。

スジンが(G)I-DLEを脱退してから1年が経過。この段階で声明を発表した理由について、代理人は「スジンは自分の立場を発表することにとても慎重だが、その間自分を応援してくれたファンの方々と自分の行動で傷と不快感を持った方にたとえ言い訳に過ぎない言葉でも勇気を出して申し上げることが最低限の道理と考えている」-

続けて、「スジンは暴露者側が主張する事実関係の真偽は別として、暴露者側に感情的な傷があるという点を非常に痛感しており、中学校時代の言動で感情的に傷ついたすべての方々とスジンを大切にしてくださったファンの皆さん、失望感を感じた皆さんに丁重に謝罪の言葉を申し上げる」と伝えました。

スジンには昨年2月に、学生時代の「校内暴力」疑惑が浮上。スジンと当時の事務所キューブは疑惑を否定。しかし、スジンは昨年8月にグループを脱退。今年3月には「キューブ」との契約解除が発表され、以後、芸能活動をしていません。





guest
59 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る