in

「少女時代」MV監督、盗用疑惑で謝罪「ディズニーシーのロゴを無断使用、申し訳ない」


少女時代」が5日、15周年を記念するアルバム「Forever 1」をリリース。その同名タイトル曲MVに出て来る「エンブレム」について、デザイン盗用疑惑が浮上。MVディレクターが謝罪しています。

シン・ヒウォン監督は8月14日、SNSを通じて「今回の少女時代のミュージックビデオの一部のセットデザインをめぐる議論で少女時代メンバーたちとSMエンターテインメントに迷惑をかけて申し訳ない気持ちだ」と切り出しました。


同日、韓国オンライン・コミュニティやSNS上では、「少女時代」の新曲「Forever 1」に関する「盗用疑惑」が浮上。MVに登場する15周年を記念する数字の「エンブレム」について、「日本ディズニーシーの15周年記念ロゴ」に似ているとの指摘が相次いでいました。


これについて、MV監督は「本日デザインが日本ディズニーシーの15周年記念ロゴであることを確認した」、「ロゴデザインを検索して色々なリファレンスを探し、よく似合うイメージを発見した後、出所確認なしにセットデザインに採用した」と、無断借用したことを認めました。

さらに「本気で心から謝罪の言葉を伝える。二度とこのようなことが発生しないよう徹底的に調査しチェックする」「MVの依頼を受けて企画, 演出はもちろん, 小物一つまで関わった状況で許可なくデザインを借用して申し訳ない」と謝罪しました。





guest
66 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る