in

「aespa」”学園際”出演でセクハラ被害 → 学校が2回目の謝罪文


aespa(エスパ)」が2日、「景福高校」学園祭に出演。SNS上には、生徒によるセクハラ書き込みがアップ。学校側が2回目の謝罪文を公開しています。

景福高校は2日、公式サイトを通じて「この日、本校講堂で開校101周年記念式典が行われた」、「しかし、イベント後、不本意ながらSMエンターテインメント及びaespaの名誉を傷つける事案が発生したことに深くおわび申し上げる」と謝罪。

さらに「公演秩序維持に努力したが、一部の学生が成熟しておらず、イベントが終わった後、SNSに公演写真と書き込みをして物議をかもしたようだ。学校では直ちに全生徒を対象に公演観覧マナーなどの教育行う予定」と伝えています。


aespaは同日、イ・スマン氏の母校「景福高校」を訪問し、ステージを披露。現場では警備不十分により、メンバーが揉みくちゃにされ、ステージ中に数人の生徒が乱入する事案が発生。無秩序ぶりが伝えられると、ファンから憤りの声があがっていました。

また終了後、SNS上には、イベントで撮られたメンバーの写真がアップ。そこには、セクハラめいたキャプションが付けられていました。

学校側は当初、「外部の人間の仕業」という趣旨の立場文をアップ。しかし、責任を回避するものとして、批判の声が噴出。2回目の謝罪文を通じて立場を訂正した形です。





guest
46 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る