in

HYBE「BTS兵役問題」に言及 -「改正案の行方注視、有益な方向になるよう努力」


BTSが9日、ラスベガスでコンサート「Permission To Dance On Stage – las Vegas」を開催。HYBEは同日、記者懇談会を開き、兵役問題について語っています。

HYBEイ・ジンヒョンCCOは、「メンバーの兵役問題」に関する質問に「アーティストたちは過去繰り返し、国の呼びかけに応じると言ってきた。その考えは今もかわらない」と切り出しました。

続けて「2020年頃から兵役制度が変わり始めた。延期法案も動き、本人たちの考え方も変化し、会社と話し合いながら見守ってきた。現在国会に係留中の兵役法改正案提出後は、会社と相談して判断を会社に一任した状態」-

さらに「私たちは現改正案が提出されてから国会の議論が進行中なのでアーティストたちがこの時期に意思決定することに慎重になければならないと説明し、アーティストたちは受け入れた」と述べました。


CCOは「ここ数年兵役制度が変化し、時期を予測することも、本人たちが計画を立てることも難しい。アーティストたちはこういう部分で少し苦しんでいるのは事実」とし、「不確実性が困難を与えているのは事実なので、早急に結論を出してほしいと思う」-

また「会社はアーティストと共に改正案の処理を注視し、アーティストに有益な方向で結論が出るように会社も最善を尽くそうと思う」と述べました。

最年長メンバーのジンは「兵役問題は会社とたくさん話した。この問題について、最大限会社に一任する方向で話した」と述べています。





guest
44 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る