in

K-POP女性グループ「ファン男女比」話題に….Stayc, aespa, kep1er女性比率7割


K-POPガールズグループ(歌手)のファンの「男女比率」が公開されています。

オンライン・コミュニティに掲載された表には、「グループ名(歌手名)」と、そのアルバム購入者の男性比率と女性比率が記載。「グループ名」は、上から男性比率が高い順に記載されています。

表は、韓国オンラインショッピングサイト「アラジン」のデータをもとに作成されたもの。フィジカルアルバムの購入者のみを対象にしています。

それによると、最も男性比率が高いのは「Brave Girls」で、アルバム購入者の約9割が男性ファン。続くのは「Cherry Bullet」や「Rocket Punch」, IZ*ONE出身「カン・ヘウォン」で、アルバム購入者の8割以上が男性でした。男性比率が5割を超えている歌手には、IZ*ONE出身者が目立っています。


一方、女性比率が最も多かったのは、2020年11月にデビューした「STAYC」。その後、「Mamamoo」, 「Kep1er」, 「aespa」と続いています。いずれも女性比率が7割を超えています。


ファンの「男女比率」を見た韓国ネットユーザーからは、次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「STAYCあんなに、女性ファン多いの?」
▼「Kep1erファンは男ばかりだと思っていた」
▼「STAYC意外だ」
▼「チェリーブレットは、あんなに男超だとは思わなかった」
▼「GFriendは半々だったけど、ユジュもそうなってる(笑)」
▼「成功するには女性ファンが多くなければならないようだ」
▼「周りでは本当に、ブレガが好きな女性と、Mamamooが好きな男は見たことない」





guest
70 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る