in

「BlackPinkジス」主演”スノードロップ”への批判に、JTBCが声明


BlackPinkジス」初主演ドラマ「雪降花:スノードロップ」。民主化運動の価値を毀損するとの批判が巻き起こる中、JTBCが声明を発表しました。

JTBCは21日、「『雪降花』の劇中の背景と主な事件のモチーフは、軍部政権時代の大統領選挙政局だ。このような背景から、既得権勢力が権力維持のために北朝鮮政権と野合するという仮想の話が盛り込まれている。『雪降花』は権力者に利用され犠牲になった彼らの個人的な叙事を見せてくれるフィクションだ」と説明。


また「民主化運動を主導するスパイは存在しない。男女主人公が民主化運動に参加またはリードする設定は、1, 2話にも登場せず、その後の台本のどこにも存在しない」。

続けて「現在、多くの方々が指摘してくださった『歴史歪曲』や『民主化運動貶毁』への懸念は、今後ドラマ展開の過程で大部分が解消されるだろう。不当な権力によって個人の自由と幸せが抑圧される異常な時代が繰り返されないように願う制作陣の意図が盛り込まれている」と理解を求めました。

最後に「大切な意見を聞くためにポータルサイトのリアルタイムチャットウィンドウと、公式視聴者掲示板を開き、多様な声を聴く計画だ。JTBCが核心的に追求する価値は、コンテンツ創作の自由と製作独立性だ。 JTBCはこれを基に、これからもいい作品をお見せするために最善を尽くす」と述べています。

今月18日からスタートした「雪降花」は、民主化運動が盛んだった1987年のソウルを舞台にしたドラマ。ある日突然女子寮に血まみれになって飛び込んできた名門大学生スホ(チョン・ヘイン)と、厳しい監視と危機の中でも治療する女子大生ヨンロ(ジス)の時代に逆らう切ない恋が描かれています。

BlackPin「ジス」が初主演するドラマとあってK-POPファンからも注目される作品ですが、今年初めに シノプシスがリークされると、民主化運動を軽視し、運動家を拷問した国家安全企画部を美化しているとの批判が浮上。第2話まで放送された現在も、批判は収まる気配が見られません





guest
33 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る