in

「TWICE」新曲「Scientist」音源チャートで苦戦….「衝撃」「来週になれば上がる」


TWICEの新曲「Scientist(サイエンティスト)」が、韓国の主要配信チャートで苦戦しています。

TWICEは今月12日、3rdフルアルバム「Formula of Love: O+T=<3」をリリース。そのタイトル曲「Scientist」は、韓国主要配信チャート「メロンTOP100」で上位圏入りできずにいます。

リリースから3日目となる14日には「60位後半から90位前半」で推移。これまでの最高位は、リリース日の翌日に記録した「42位」です。


別の配信チャート「ジニー」では、前日に比べて56ランクダウンの「144位」。


前作のタイトル曲「Alcohol-Free」と比べると、新曲の苦戦ぶりは明確に。今年6月9日にリリースされた「Alcohol-Free」は、リリース翌日にすでにメロンで「20位」台に進入していました。


「Melon」は今年8月にチャート改編を実施。現在の主要チャート「TOP100」は当時の主要チャート「24Hits」より、新曲のチャートインが容易に。しかし、新曲は前作の成績を下回ってしまっています。

チャート改編について、Melon側は「24Hitsを導入してから、2~3年前に発売された音源がチャートに入るので、新しい音源が入りにくい構造になった」、「新しい音楽をユーザーに紹介し、新規アーティストたちを発掘するのも音源チャートの目的だ」と説明しています。


一方、新アルバムのフィジカル売上は好調なよう。予約段階で売上「70万枚」を記録し、自己最高記録を更新。一般的に、音源チャートの成績は大衆人気を示し、アルバム売上はファンダムのパワーを示すバロメーターみられています。TWICEの現状は、ファンダムのパワーはしっかりしているものの、大衆人気はやや低下したと見ることができるかもしれません。

TWICEといえば、韓国で「国民的」と称されることもあるK-POPトップガールズグループ。新曲「Scientist」の低調なチャートアクションは、オンライン・コミュニティで話題に。ネットユーザーからは「衝撃」「世代交代なのかな」「来週になれば上がると思う」いった声が聞かれています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「144位??」
▼「新曲のランキングなの? 衝撃だね」
▼「すごく落ちたね。音楽番組まだ出てない?」
▼「曲が好き嫌いが分かれると思う」
▼「歌は良かったよ」
▼「アルコールフリーは良かったけど」

▼「JYP良い曲を出し惜しんでるように見える。新人にあげようとしてるみたい」
(JYP新グル「Nmixx(?)」ヘウォン -「My Universe」(Coldplay X BTS)カバー披露)
▼「金曜日の14時発売はBTS, BlackPink以外みんな苦戦するよ」
▼「アメリカのBillboardを狙うことが、より意味のあることなのかな? ITZYもだけど、アメリカのファンダムが大きくない状態で、敢えて国内成績打撃を甘受しながらも、ビルボード狙う理由があるのかな。BTSとBlackPinkは(米Billboard)Hot100安定的にチャートインしてから、(金曜)昼リリースにしたんだよ」
▼「アルバム売上は新記録の勢いだけど」
▼「音楽に対して期待値が低いという言葉があってるようだ。あまりにもたくさんリリースするから、なんか工場式でアルバムを作る感じで」
▼「他の3世代グループは、みんな維持しているのに、TWICEだけガクンと落ちてるからより目立つ」

▼「本当に4世代に世代交代したのかな」
▼「正直、Fancyから音楽の方向を変えた。でもそれが大衆の好みに合わなかった。その時からちょっと落ちたよㅜㅜ」

▼「全盛期が過ぎるのは自然な現象だよね。誰もが経験すること」
▼「来週になれば上がると思う」
▼「私も上りそうと思う。週末だから、平日に上がるでしょうね」




guest
72 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る