in

少女時代「テヨン」への悪質書き込み、SMが警告「最近急増」


少女時代「テヨン」への悪質書き込みに対して、SMが「投稿者が罰金刑の処分を受けた」と明かし警告しています。

SMエンターテインメントは9日、「テヨンと関連して、根拠のない悪質な掲示物を掲載した者に対し、検察, 裁判所より”情報通信網の利用促進及び情報保護等に関する法律違反罪”(名誉棄損)などの疑いで罰金刑の処分が下された」と明らかにしました。

SMは「このような措置後も、依然としてオンラインコミュニティ, YouTubeやSNS, ポータルサイトなどには、テヨンに対する虚偽の事実や悪意のある非難, 誹謗目的の掲示文などが無分別に流布されている」「これは明白な犯罪行為」-

続けて「最近急増した不法行為に対応するため、集中的にモニタリング進行·情報提供を受けて告訴を進めようとする」「今後も所属アーティストの保護のため、モニタリングと法的措置に積極的に取り組み、各種不法行為については無寛容を原則として強力に対応していく」と伝えました。

「テヨン」は最近、「不動産詐欺被害にあった」と報じられていました。報道について、テヨンは「投機目的ではなく、家族の住居として土地を購入した」と説明しましたが、韓国ネット上では憶測する声が続いていました。





guest
11 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る