in

CJ ENM「SM買収、検討中…確定していない」


SMエンタの買収をめぐって、売却先として最有力候補とみられている「CJ ENM」が、「検討しているが、確定していない」との立場を明らかにしました。

CJ ENMは25日、公示を通じて「音楽コンテンツ事業の強化に向け、SMエンターテインメント持分の買収及び事業シナジー等を検討しているが、確定したことはない」と明らかにしました。

SMの創業者で筆頭株主である「イ・スマン」氏は現在、保有株式(18.73%)の売却先を探しているといいます。その最有力候補として最近、「CJ ENM」の名前が報じられていました。

韓国メディア毎日経済は21日「CJ ENMは早ければ22日にも、SM買収の契約を締結し、その内容を発表する予定」「イ・スマン総括プロデューサーは、SMの筆頭株主の座をCJに譲るものの、コンテンツ事業全般の陣頭指揮を執る役割をそのまま担う予定だ」と報じていました。

SMとCJ側はこの報道を否定しています。





guest
9 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る