in

「バヒエ 仲間外れ望む?」”ガルプラ”ファンの会話内容、話題に


Girls Planet 999」最終話が22日に放送され、デビュー組「Kep1er(ケプラー)」のメンバーが決定。番組ファンの間で「いじめを推奨」するようなやり取りがあり、話題になっています。

あるTwitterユーザーは最近、「最終話」放送直後に開設されたTwitter「スペース」の録音をアップしました。(スペースはTwitter版クラブハウス)

そこには、番組ファンとみられる女性たちの会話が収録。ファンらは、デビュー組に選ばれた「ヒュニンバヒエ」に対して、「悪口言われるのが、ポジション」「イジメられても痛快」と発言しています。

(一部抜粋)
◆「ポジションは何だろう?」
→「知りません」
→「何もしないから」
→「悪口言われるのが、ポジションかも」

◆「この子のおかげで、他の子たちは悪口は少ししか言われない」
→「(笑い声)」

◆「ここはイジメ説でても、私はハッピーだ」
→「私今、そう思った」
→「本当に悪い考えだけど」
→「ヒュニンバヒエは本当に…これは合法だよ」
→「仲間外れにされても、ちょっと痛快な気もする」
→「でもみんな優しいからやりません」

このやり取りを公開したTwitterユーザーは「バヒエが嫌いだとしても、まだ未成年18歳(満17歳)だ。誰でも聞けるから、これは度を超えた悪口と思いませんか?」と批判しています。

「ヒュニンバヒエ」は番組スタート前から、TXTのメンバー「ヒュニンカイ」の妹として注目を集めていました。「Girls Planet 999」ファイナルでは、「2位」となり「Kep1er」のメンバーとしてデビューすることが決定。

しかし放送後、番組ファンからは「兄の七光りでデビュー」「TXTのファンダムの力でデビュー」と批判する声が噴出。Twitter上では現在、「ヒュニンバヒエ」を除く「8人支持」を掲げる投稿が目立っている状況です。

Twitter「スペース」での会話内容について、韓国オンライン・コミュニティでは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「イジメ合法。狂った人たち」
▼「一部反応じゃないの? どうして取り上げるのか分からない」
▼「今、ガルプラのファンクラブのほとんどが8人支持すると言っている」
▼「Twitterだけでなく、オンラインコミュニティの書き込みも深刻。外見嘲弄, 人身攻撃, いじめ」
▼「リアルタイムトレンドみたら、99%あんな感じだよ」
▼「こんな状況で活動まともにできるだろうか」





guest
152 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る