in

BTS x クリス・マーティン「Permission to Danceチャンレジ」でトーク


BTS」が10日、「Permission to Dance」(YouTubeショーツチャレンジver.)のMVを公開しました。

同日、BTSが出演したYouTube Originalsミュージックショー「RELEASED」の映像も公開。Coldplayのフロントマンである「クリス・マーティン」が進行役を務め、BTSと「Permission to Dance Challenge」に関するトークをはじめ、グローバルミュージシャンとしての経験と感情を共有しました。


BTSは、スペシャルエピソードで「Permission to Dance Challenge」の意味などを紹介。クリス・マーティンは「パンデミックの状況で多くの人々に喜びを与えたことに意味がある。簡単ではない状況だが、皆さんに愛と尊敬の念を感じる」と述べました。

「Permission to Dance Challenge」は、YouTubeのショート動画形式のプラットフォーム「Shorts(ショーツ)」を通じて、7月23日から8月14日まで行われたダンスチャレンジイベント。MVの振り付けを真似る15秒の動画を制作するだけ誰でも参加可能でした。

BTSは「RELEASED」で「世界から多くの方々が参加してくれた」「このチャレンジには、ポジティブなメッセージを与えようとする理由もあった。しかし、私たちも参加者の姿を見ながら感謝を感じて、慰めと前向きなエネルギーをもらった」と話しています。





guest
10 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る