in

元EXO「クリス」未成年者への性的暴行疑惑、警察が捜査中間結果を発表


EXOの元メンバー「クリス」に持ち上がっている未成年者への性的暴行疑惑について、警察が捜査の中間結果を発表しました。

中国北京公安局朝陽分局は22日、「都美竹(ドゥ・メイジュウ)がクリス(ウー・イーファン)の家に滞在し、酒を飲んだ後、性的関係を結んだことを確認した」とし、「ただ、性的暴行の有無については確認できなかった」と明らかにしました。

発表によると、昨年12月5日午後10時頃、クリスのマネージャーは「MVに出演するヒロイン」面接の名目で、都美竹をクリスの家に連れて行った。当時、約10人がクリスの家に集まっており、次の日の朝までお酒を飲んだ。

翌6日午前、クリスと都美竹は性的関係を結んだ。2日後の8日、クリスは都美竹にオンラインショッピングをしろと言い、3万元(約51万円)を入金した。

2人は今年4月まで中国メッセンジャー「WeChat」で連絡を取り合っていました。しかし、クリスが連絡を絶つと、都美竹は知人と共に、オンライン上に暴露文を掲載。これについて、都美竹は「ファンを増やし、オンラインでの評判を高めるため」と供述しているといいます。


警察は、クリスが都美竹を恐喝の疑いで告訴した事件の捜査結果も公開しました。

クリス側は、都美竹が自分の関係を暴露するとして巨額の金を要求したと主張。しかし、クリスを脅迫した人物は都美竹ではなく、彼女と詐称した男性B氏。ネット上で都美竹とクリスに関する情報に接したB氏は都美竹と詐称し、クリスの会社に示談金300万元(約5000万円)を要求。

B氏はまた、クリスの弁護士と詐称し、都美竹にも接近。この過程でクリスの母親は都美竹の口座に50万元を振り込んだ後、警察に通報。B氏は都美竹が返還した18万元も途中で横取りしたといいます。B氏は警察に逮捕された後、詐欺容疑を認め、拘禁されました。都美竹とB氏の共謀は確認されていません。

警察はクリスに対する「未成年者常習性暴行容疑」についても捜査しています。

もし、クリスが未成年者に性的暴行を加えたことが事実なら、死刑に処される可能性もあるといいます。中国最高人民裁判所は、未成年者への性的暴行に対して最高刑の死刑を言い渡した判例があるためです。

(元EXO「クリス」”未成年者”淫行疑惑を全面否定)





guest
8 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る